【日商PC検定】3級知識問題(共通分野)No.1

メール送信に関する問題です。同じ内容のメールを複数の得意先に一斉送信する場合、送信先のメールアドレスをどの欄に入力したら良いでしょうか。

選択肢は次の3つです。

  1. 送信先のメールアドレスを「TO」欄に入力する
  2. 送信先のメールアドレスを「CC」欄に入力する
  3. 送信先のメールアドレスを「BCC」欄に入力する

※ メールソフトによっては、「TO」は「宛先」と表示されている場合がある。

 

この問題のポイントは、「TO」欄と「CC」欄がすべての受信者に公開されるのに対して、「BCC」欄は公開されないという点にあります。

 

1対1でメールを送る場合、普通は送信相手のメールアドレスを「TO」欄に入力します。複数の人に一斉送信する場合でも、送信先の相手同士が互いのメールアドレスを洩れなく知らせ合っているような間柄であれば、「TO」欄に入力しても構わないでしょう。

 

その際、各メールアドレスは「,(カンマ)」記号などで区切って入力します。また次に説明する「CC」「BCC」欄でも、同じように「,」で区切って複数アドレスを入力することができます。

 

「CC」は「カーボンコ・コピー」を略したもので、「メールの複写を送る」という意味合いを持つ入力欄です。つまり、「原本」ではなく「複写」という位置付けになり、言葉を変えると「主送信先」に対する「副送信先」へのメールだと言えます。

 

受信したメールの「CC」欄に自分のメールアドレスが入力されていたら、そのメールは「参考」程度に見ておけば良いと言えます。普通はメールを受け取ったら返信するのがマナーですが、この「CC」欄を使った「複写」メールは例外で、特に必要がなければ返信しなくても良いとされています。 

 

「BCC」は「ブラインド・カーボン・コピー」を略したもので、「BCC」欄そのものがブラインド(目隠し)され、メールの送信者以外にはその存在が知られないようになっています。仮に「BCC」欄に複数のメールアドレスが入力された一斉送信だったとしても、受信者は誰が同じメールを受信しているのか知ることができません。また、そもそも「BCC」欄を使った一斉送信なのかどうかも判断し難いと言えます。

 

企業にとって得意先の情報は機密事項ですし、また相手の得意先にとってもメールアドレスや名前などの情報が他に知られては困ります。

従ってこの問題の正解は、

3.送信先のメールアドレスは「BCC」欄に入力する。

となります。

 

なお、得意先のメールアドレスをすべて「BCC」欄に入力した時、「TO」欄はどうしたら良いでしょうか。空欄のままでもメールは送信できますが、受信者にとって「TO」欄が空欄というのは気持ちの良いものではありませんし、場合によっては怪しいメールと判断され中身も見ずに即削除される、ということにもなりかねません。

 

そのような場合、送信者自身のメールアドレスを「TO」欄に入力するのが一般的です。また大きな企業などでは、一斉送信用の専用アドレスを設けていることもあるようです。いずれにせよ、受け取ったメールの「TO」欄に自分のものとは違うメールアドレスが入力されていたら、そのメールは「BCC」欄を使って一斉送信されたものと考えて良いわけです。

 

「ブログ◆検定試験情報」一覧に戻る